トップメンバー 研究内容研究業績 研究機器 問い合わせ
当研究室では,身体運動の駆動源である骨格筋を対象に,神経科学・運動生理学・バイオメカニクス的アプローチを駆使し,
スポーツパフォーマンスおよび子供・高齢者の体力向上を目的とした基礎~応用研究を進めています.



◯ 力の調節時における大脳神経・筋活動のカップリング様相

◯ 筋機能および認知機能の同時改善を目的としたトレーニング法の開発

◯ 呼吸筋の機能解明とトレーニングへの応用

◯ 課題難度と大脳興奮性の関連

◯ 工学手法を活用した運動学習システムの開発

◯ 関節柔軟性の規定因子 および ストレッチングの効果

◯ 肉離れ発症のメカニズム

◯ 運動時の中枢性疲労発現のメカニズム および 中枢性疲労がパフォーマンスに及ぼす影響

◯ 体幹筋の量的および機能的特性 および パフォーマンスとの関連



◯ スポーツパフォーマンス向上、筋疲労軽減を目的としたスポーツウェアの開発

◯ マッサージチェアによる筋硬度変化