本文へスキップ

施設紹介FACILITIES

屋内実験プール

普段の練習はここで行います。泳ぎについて運動学、運動生理学的見地から、科学的に教育研究活動が行えるように最新鋭の設備機器を備えた屋内長水路プールです。競泳・シンクロ・高飛び込みの競技ができ、泳法・泳力等をあらゆる角度から分析研究することができます。
バックプレート付きスタート台やタッチ板もあります!
 
外観                        
50m×8レーン、水深2m(一部可動床)

水中トレーニングのほかに、トレーニングルームやプールサイドで陸上トレーニングも行っています。

さまざまな研究設備

施設の名称からもわかるとおり、本学のプールは研究仕様となっており、さまざまな設備が整っています。
使い方次第では研究だけでなく、自分の競技パフォーマンス向上も可能です。

◆流水プール
 

流水速度を調節できるプールです。さらに空間内は気圧の加・減圧調節ができ、高地と同じ環境を作り出せます!
水泳部では、持久力の指標となる最大酸素摂取量(VO2max)の測定をこのプールで定期的に行っています。

◆MADシステム(抵抗測定装置)

クロール泳中の動的抵抗や推進パワーなどが測定できます。抵抗測定も定期的に行っています。

◆水中モーションキャプチャシステム
 
水中動作を3次元的に解析できます。世界的に見てもまだほとんど導入されていないすごい装置のようです!

バナースペース

鹿屋体育大学 水泳部

〒891-2393
鹿児島県鹿屋市白水町1番地

TEL 0994-46-4914
FAX